婦人

東京で美容整形を受けたい方に役立つ情報をお教えします

  1. ホーム
  2. 気になる目元について

気になる目元について

ウーマン

目元の美容整形について

美容整形を検討している方は、目元にお悩みの方が多くいらっしゃいます。目元のお悩みとして挙げられるのが、二重にしたいといったことや、加齢によって発生した目元のたるみを改善させたいといった事でしょう。東京の美容整形外科では、そのようなお悩みも改善させることができるのです。目元に施術を行っていく際には、施術を受ける人の状況や施術をしたい場所によって内容が異なってくるものです。二重の施術を受けるような場合には、埋没法と切開法と呼ばれる手法が用いられることが多くあります。埋没法と言うのは、施術を行う際に皮膚に傷をつけるのが嫌だといった方にとっておススメな施術方法となります。また、費用が比較的安価であることから気軽に行うことができることが特徴となっています。具体的に埋没法とは、糸を瞼に装着し二重の線を作っていくという内容になります。埋没法は施術の時間も極めて短いことも良い点となっています。皮膚へのトラブルも少なく、施術後であっても調整を行うこともできるのです。そのため埋没法は非常に人気の高い施術方法となっています。東京の美容整形外科で施術を行う前に、仕上がりを確認するとなお良いでしょう。二重にする美容整形の施術としてもう一つ挙げられるのが切開法となります。こちらの切開法は、瞼に厚みがあるという方におススメの施術方法となります。また以前埋没法の施術を受けたけれども、糸が取れてしまうといった場合には切開法を行うと良いでしょう。埋没法で上手く二重を作ることができなかったという場合に切開法が用いられることも多くあるのです。切開法を行うメリットとしては、二重の形をきちんと固定することが可能であるという事です。二重にする施術として、より確実性を求めているのであれば、こちらの切開法を選択するべきなのです。また、個人の瞼の状況に応じて瞼の脂肪をどれだけ取り除くかということも検討していきます。脂肪を除去すると同時に、二重を作りたい部分を縫い合わせることによって二重を作っていくのです。切開法にも一部分の切開を行うのか、全体的に切開を行うのかといった選択肢があります。東京の医師とよく相談の上、自分の瞼の状況に最適な方法を選ぶことが大切でしょう。切開法を行った時は、ダウンタイムについてもよく検討する必要があります。埋没法とくらべてダウンタイムが必要となることが一般的ですので、施術を行う時は連休などを利用することがおススメです。目元のお悩みは一重の問題だけではありません。目元の施術を行う事例として多いのが、シワの解消となります。加齢によって目元のシワが目立つ原因としては、瞼の上がたるんでしまうことが挙げられます。瞼の上がたるんでしまうことによって、目が小さく見えてしまうといったトラブルが発生してしまいます。そのような悩みを解決させるためには、東京の美容外科クリニックにて眼瞼下垂や上眼瞼切開などの施術を受けると良いでしょう。眼瞼下垂の施術内容とは、瞼を縫い付けることによってたるみを解消させるといった方法となります。上眼瞼切開ではたるんでしまった瞼の皮膚を切開することによって、瞼のたるみを解消させる方法となります。その他にも、眉下の部分の切開を行うことによってたるみを引き上げるといった上眼瞼リフトと呼ばれるような施術方法もあります。東京の美容整形外科クリニックの医師とよく話し合い、最適な施術方法を検討することが望ましいでしょう。